ちょっと待て。法律違反者に手を貸すな

化粧水の役割と手作り化粧水

化粧水は肌に水分を与えるもので、100円ショップで買えるものから数千円するものまで色々あります。
参考にするなら30代 化粧水まで。
安い化粧水と高い化粧水は何が違うのか、というとその化粧水の研究費やブランド名、使われている成分が異なるため値段が違うのですが、安いからと言って悪いというわけではなく顔ではなくボディ用として使うことも出来ますので、値段だけで判断しきれない部分もあると思います。
安い化粧水を顔につけるのは危険かも知れませんが、ボディクリームを塗る前の肌を整える用として使うのも良いですし、グリセリンやヒアルロン酸原液を混ぜて保湿効果をプラスして使うのも良いでしょう。
市販の化粧水は合成界面活性剤が入っているので効果があり長持ちするのですが、そういうのが嫌な人は手作りすると良いです。
手作り化粧水は作り方は簡単で、精製水とオイル、後は保湿成分の液体を混ぜれば作ることが出来、オイルはニキビ、くすみなど色々な効果を持つ物が存在しますし、良い香りもしてリラックス効果もあるので手作りするとき色々と試してみてください。
年齢に見合った化粧水ならここ→30代 化粧水を見てください。